実家にアパートを建てる-1-

さて、これから「実家にアパートを建てる」を始めていきたいと思います。
まず実家にアパートを建てるために最初にしたことは何か?これから書いていきます。

 一番最初にしたのは、ハウスメーカーの展示会、内覧会、工場見学会への参加でした。
アパートを建てるのは中部圏ですが、首都圏に住んでいるので、首都圏の展示場に行きました。
知らないことばかりでしたので、勉強になりました。アパートを建てようと思っている人はぜひ積極的に
ハウスメーカーの各種展示会、内覧会、工場見学会に参加されるようお勧めします。というか必ず
内覧会や、展示場、工場見学会には参加しなければいけないと思います。
行ったときに屋根の作り方、壁の材質、床の作り方などなどその設備はどのくらいの費用が掛かるのか
を率直に聞いておくといいです。

 また内覧会等に行くとカタログやパンフレットをくれますので、これらをよく読み込むことです。
そうすると標準装備と思っていたものが、小さな文字で「これはオプションです」ということが
書かれていることがあります。同じフローリングやタイル張りといっても用法や材質が違います。
違いが判らなければ率直にメリット、デメリットを聞いてみることです。例えば「Aメーカーさんはこれについてはこうなってますが、御社のはA社とどう違ってどんなメリットがあるんですか?」とか。こういうことを聞いていくことで
自分の勉強にもなるし、自分の建てたいアパートのイメージも確たるものになっていきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック